大庭教授のエイジングケア講座

大庭教授のエイジングケア講座

大庭先生は20数年前から、『フリーラジカル(活性酸素)理論』 という考えをもとに、「食品に含まれる有用成分が人のカラダに与える機能性」をテーマに数々の研究を続けられており、特にアントシアニン 色素と鶏卵の研究に関しては第一人者です。
著書も『アントシアニン −食品の色と健康−』など多数。

大庭先生には、「お客様の視点に立ち、きちんとしたモラルの中で安 全・安心な本物のサプリメントづくりをしたい」という私共の企業理念にご賛同いただき、インナーコスメうららを全面的にサポートしていた だいております。その大庭先生に、健康とカラダについての研究レポー トをシリーズでまとめていただきました。


ザクロは女性の味方 ザクロの科学

ザクロザクロはザクロ科ザクロ属の木で、中近東(イランからインド)の山地を原産地とした日光に強い落葉樹です。実は生食で食べられていますが、中国、日本に渡来したものは「石榴皮」として子孫繁栄(種子が多いことから)、生薬として尊重されてきました。熟した果実の皮を乾燥させた「石榴皮」の効能として、下痢、止血作用、鎮痛作用、寄生虫駆除などが主なものでした。成分として、タンニン、アルカロイド、イソペレチェリンが含まれているからです。イソペレチェリンはサナダ虫の駆除に効果があります。現在では健康効果が果実にも認められ、欧米では果汁を飲料としています。すなわちポリフェノールの含有量が高いことが認められました。ポリフェノールとしてはアントシアニン、エラグ酸、プロアントシアニジンなどが見出されております。ザクロはビタミンCおよび食物繊維が果物の中では比較的少なく、灰分すなわちミネラルも比較的多い方ではありません。しかし、ザクロが注目をあびた成分として、特に女性ホルモン物質のエストロゲンがあげられます。

ザクロの機能性(種々のポリフェノールの健康効果)

ザクロザクロには種々のポリフェノールが含まれており、相互作用し、すばらしい健康効果を示します。果物および野菜の中で最も多いポリフェノール量を持っています。赤い色素のアントシアニンについては前述(他の講座にて)しておりますので、省かせていただき、エラグ酸について述べさせていただきます。エラグ酸は強い抗酸化物質の一つで、アントシアニンと相乗作用し、過剰の酸素ラジカルを消去することによって健康効果を保つようになるのです。ザクロは昔から気管支炎、動脈硬化、嘆息の予防に良く、さらに抗ウイルス作用もあるといわれているのはエラグ酸を含むポリフェノールの健康効果であると言えます。更にザクロにはやや多めのカリウムがあり、ナトリウムイオンを体外に追い出す利尿効果があり、低血圧を保つ作用があります。そうするとエイジングケアに関係する動脈硬化が進みにくくなり、美容を維持する健康効果とつながってきます。また、ザクロにはクエン酸もありますので、キレート作用を鉄などに示し、体内の過剰な活性酸素ラジカルを軽減させる効果を示します。

ザクロのエストロゲンの機能性

ザクロ果実の中には女性ホルモンであるエストロゲンが存在し、この作用が女性を悦ばす成分となっております。大豆にもイソフラボンが含まれ、この成分がエストロゲン作用をすることで大和なでしこ民族の肌がみずみずしさを保っているとも言われています。同様にザクロの成分エストロンやエストロジオールはエストロゲンで女性ホルモンであるため、もち肌を造るのでないかとも言われています。エストロゲンの重要な働きは骨量の低下を抑え、さらに骨量を増やす働きをしますから、エストロゲンの分泌が低下することから起こる骨粗鬆症の予防につながります。骨粗鬆症の予防は更年期からでは遅すぎます。早い時期からしっかりした骨を作っておけば、より確実に骨粗鬆症を予防することができます。最近の研究でエストロゲンはコラーゲンの保持または増殖作用を助け、肌のみずみずしさを保つことが実験で明らかになってきました。コラーゲンの保持こそ、若々しさを保つ秘訣であるからでしょう。最近ヨーロッパでは完熟した果肉をそのまま生食し、健康増進と美容効果を期待したジュースやエキスが人気を集めています。漢方では石榴(ザクロ)の枝皮や果皮を乾燥させ石榴皮として更年期の婦人病などに用いられています。ザクロにのエストロゲンを摂取することにより、男性の前立腺ガンの細胞増殖を軽減させ、または死滅させることができる朗報が報告されております。

バックナンバー  
第6回 ザクロは女性の味方
第5回 クランベリーの多彩な効能
第4回 ローズヒップの食品学的美容効果
第3回 活性酸素とポリフェノールの関係
第2回 アセロラの生体作用
第1回 活性酸素と老化


アントシアニン―食品の色と健康―
 
アントシアニン―食品の色と健康―
大庭 理一郎 (著), 津久井 亜紀夫 (著), 五十嵐 喜治 (著)
価格: ¥ 3,990 (税込)
  ※この本はアマゾンなどでご購入できます。
 
【ページ数】 245ページ
【出版社】 建帛社
【ISBN-10】 4767960878
【ISBN-13】 978-4767960876
【内容】 アントシアニンは、ブルーベリーやクランベリーなどに含まれる青紫色の色素成分で、優れた抗酸化能力を有するだけでなく、眼精疲労や視力回復、美肌作用や血圧上昇の抑制、ガンなどの生活習慣病の予防などに効果が期待されています。 アントシアニンのその構造や性質、安定性の問題、生体機能性などについても詳しく書かれておりアントシアニンの手引書として大変参考になります。
ページの先頭へ

お客様からお喜びのお声が多数寄せられました


お客様から寄せられている質問・疑問の中からよくある項目をまとめました


うららちゃんとサプリ先生の知って得する美肌講座


日常で起こった事や、お肌の事等をBLOGで紹介


■ポコチェ2月号に掲載中!!

ポコチェ2月号に掲載中!!


■U-SIDE掲載中!!

U-SIDE掲載中!!


■女性雑誌「JJ」に掲載されました

女性雑誌「JJ」に掲載されました


■携帯サイトはコチラ



Copyright (C) 2008 Urara. All Rights Reserved.