美肌成分

美容成分の説明

ビタミンC

ビタミンC の主な働き

ビタミンCの働きとしてよくいわれているのが美容面での効果です。ビタミンCは肌の真皮細胞の線維芽細胞が活発に働く手助けをします。線維芽細胞は、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを生成します。そのため、この線維芽細胞の働きが弱くなってくると、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが上手く生成されなくなり、肌もハリやうるおいがなくなって老化が進みます。

ビタミンCは、水溶性のビタミンで強い抗酸化力を持っています。活性酸素によって不飽和脂肪酸が過酸化脂質に酸化されるのを防ぐ働きがあります。細胞の老化を予防するとともに、動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞などの予防にも効果を発揮したり、発ガン物質の形成を抑制する働きなどもあります。

 

 

ビタミンCが不足すると
ビタミンCが不足すると疲労感を生じやすくなります。さらに皮膚や粘膜、血管等、細胞間の結合が緩み悪化すると毛細血管がもろくなり、歯茎や皮下から出血するといった壊血病の症状が起こります。切り傷の治りが悪くなる、皮膚のハリがなくなる、骨や歯が弱くなるなどの症状が出やすくなります。また、免疫力が落ち、かぜなどにかかりやすくなります。

 

 

1日の摂取量の基準
目安量
成人男女 100mg
妊婦 +10mg
授乳婦 +50mg
※上限量は定められていません
※「日本人の食事摂取基準(2005年版)」による
※成人=18〜49歳


【ビタミンCの肌に対する主な働き】

・紫外線によるメラニンの生成を抑制する
・沈着したメラニンを美白にする
・活性酸素を除去し、肌が酸化し傷つけられるのを防ぐ
・角質の天然保湿因子のバランスを正常にしてしっとりさせる
・紫外線によって作られた過酸化脂質を還元し、細胞を活性化させる
・真皮層でコラーゲン生成をサポートする(コラーゲン生成にはビタミンCが必須)


【ビタミンCのその他の主な働き】

・強い抗酸化力で活性酸素の働きを抑制( 抗酸化作用)
・免疫力を高め病原菌への抵抗力をつける
・鉄や銅などのミネラルの吸収を高める
・血中コレステロールを下げる
・アルコールの分解や肝臓の解毒作用を高める
・ストレスなどに強くなる
・アレルギー反応を抑える
・疲労感に対して効果的に働く
コラーゲンにはビタミンC が必要
ビタミンC不足になると肌にとってどういう状態になるのでしょうか?コラーゲンとビタミンCは密接な関係があり、ビタミンCが不足するとコラーゲンの合成がうまくできなくなり、せっかく摂取したコラーゲンも私たちの体内のコラーゲンになりません。そのためコラーゲンとビタミンCを一緒に意識的に摂るようにすると良いといわれています。 コラーゲンは体内に入ると、アミノ酸に消化・分解されて吸収されます。そのアミノ酸を材料にして、私たちの体に合ったコラーゲンが新たに合成されるのです。そのコラーゲンが合成する過程で、手助けをする役目がビタミンCです。人の肌はタンパク質からできていますが、そのタンパク質の約30%をコラーゲンが占めています。このコラーゲンの合成に必要なのがビタミンCです。ビタミンCがあれば、コラーゲンの合成が活性化されるので、細胞同士がしっかりくっついて、肌のハリを保つことができるのです。
ビタミンC はシミ防止と肌たるみ防止
ビタミンCはシミ防止と美白効果があります。紫外線などにより肌に過剰に発生した活性酸素を除去する作用があります。また、強力な抗酸化作用でチロシナーゼの働きを阻害することによってチロシンからメラニンに至るまでの一連の反応を抑制し、メラニンの生成を減らします。このほか、メラニンの還元作用も高く、できてしまったシミを薄くする働きもあります。紫外線などでコラーゲンがボロボロに分解されると、肌のたるみがでてくるのですが、ビタミンCはその分解を減らす働きもあるのです。
ビタミンC と老人性白内障の予防
ビタミンCは老人性白内障(はくないしょう)の予防にも効果が働くといわれています。紫外線が眼球の水晶体タンパク質を酸化することで白内障の原因になるといわれていますが、ビタミンCが持つ抗酸化作用は、この酸化を防止する働きがあるのです。 目の水晶体や角膜にはコラーゲンが存在しています。ビタミンCなどの抗酸化物質を摂ることは、老眼や眼精疲労を予防することにもなります。ブルーベリーのアントシアニンが目に良いといわれているのは、アントシアニンが抗酸化物質で、ビタミンCと同じように抗酸化作用が働くからなのです。肌や目の健康を考えた場合、積極的に抗酸化作用のある成分を摂るように心掛けましょう。
ビタミンC は貧血防止に一役買う
ビタミンCが不足すると疲労感が強くなり、ストレスなどに対しても抵抗力が弱まってきます。ビタミンCはストレスや疲れなどにも良いといわれています。また、ビタミンCは鉄や銅などのミネラルなどの吸収を高めたり、ヘモグロビンの合成に役立ったりしますので、女性の貧血などにも効果が見込まれます。


ページの先頭へ
  • 美肌成分一覧
  • コラーゲン
  • コンドロイチン
  • N-アセチルグルコサミン
  • ビタミンC
  • オリーブ葉エキス
  • エラスチン
  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビオチン
  • アセロラ
  • ザクロ
  • ローズヒップ
  • クランベリー


Copyright (C) 2008 Urara. All Rights Reserved.