美肌成分

美容成分の説明

ビタミンB2

ビタミンB2の主な働き
ビタミンB2は、「皮膚や粘膜のビタミン」「エネルギー代謝のビタミン」と呼ばれています。体内で補酵素として働き、摂取した脂質、糖質、タンパク質を効率よく分解してエネルギーに変える働きがあります。呼吸、消化、循環系の粘膜の健康を保ち、眼、皮膚、爪の働きを正常にし、体の健全な発育を促進します。 ビタミンB2は、グルタチオン・ペルオキシダーゼという酵素とともに働き、有害な過酸化脂質を分解する働きもあります。
ビタミンB2が不足すると
皮膚や粘膜に影響を与えるビタミンですので、肌があれる、肌が脂っぽくなる、頭髪のフケがひどくなる、にきび、激しいかゆみ、口内炎、口角炎、舌炎、目の充血、眼精疲労などの症状を引きおこします。 水溶性ビタミンのため、大量に摂取しても、過剰症の心配はありません。 むしろ、妊産婦やアルコールを多く飲む人、激しい運動をする人は体内での消費量が増えるため不足しやすいといわれています。
1日の摂取量の基準
目安量
成人男性 1.4mg〜1.6mg
成人女性 1.2mg
妊婦 初期(16週未満)+0mg
中期(16週〜28週未満)+0.2mg
末期(28週以後)+0.3mg
授乳婦 +0.4mg
※上限量は定められていません
※「日本人の食事摂取基準(2005年版)」による
※成人=18〜49歳
体内に蓄積できない「美容ビタミン」
体を構成する細胞の新陳代謝を助けているのがビタミンB2です。「美容ビタミン」とも呼ばれており健康な肌や髪、爪を作り成長を促します。ビタミンB2が不足すると、すぐに症状に現れるのが口内や唇、舌、目などの粘膜部分です。口内炎や口角炎、舌炎、目が充血してゴロゴロするなどの症状に見舞われます。肌荒れや吹き出物、肌が脂っぽいなどのトラブルや、髪のぱさつきなどが気になる人は、ビタミンB2が不足している可能性があります。特に、肌や粘膜の健康が気になる方に積極的に摂取して欲しいビタミンです。 また、疲れのサインが肌荒れとなって現れる場合があります。疲れと肌荒れは密接に関係しており、疲れを感じるときは身体がエネルギー不足を起こしている状態です。ビタミンB2不足が、その原因の1つといわれています。エネルギー不足の状態では正しい肌のターンオーバーも行われません。ビタミンB2は肌のターンオーバーを正常にする働きがあります。ビタミンB2は、過度な運動などエネルギーをたくさん使ったとき、夜更かしをしたとき、甘いものやスナック菓子などを食べ過ぎたとき、お酒を飲んだとき、日焼けしたときなどに普段よりも多量に消費され、不足状態を招きます。しかも、ビタミンB2は、体内に蓄積しておくことができませんので、毎日摂取することが大切です。

【ビタミンB2の主な働き】

・新陳代謝を促進して、肌や粘膜、髪などを健康に保ちます。
・肌あれや口内炎、口角炎、目の結膜炎などを防止します。
・脂っぽい肌を抑えます。
・ビタミンB2の効能である脂肪の分解を助けて、エネルギーに変換します。
・コレステロールや中性脂肪が酸化するのを防ぐ働きがあります。


ページの先頭へ
  • 美肌成分一覧
  • コラーゲン
  • コンドロイチン
  • N-アセチルグルコサミン
  • ビタミンC
  • オリーブ葉エキス
  • エラスチン
  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビオチン
  • アセロラ
  • ザクロ
  • ローズヒップ
  • クランベリー


Copyright (C) 2008 Urara. All Rights Reserved.