美肌成分

美容成分の説明

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸とは
ヒアルロン酸とはもともと人の体内に存在する成分で、ムコ多糖類(ねばねばした物質)の一つです。ムコ多糖の中でもヒアルロン酸は、特に水分を保持する能力(保水力)にすぐれた物質で、非常にたくさんの水を蓄えると言われています。保水力はヒアルロン酸自身の重量の約6000倍(1gで水6リットル)といわれています。人体の約60%は水分から構成されていますので、ヒアルロン酸が、いかに私たちになくてはならない大切な存在であるかがわかります。
ヒアルロン酸の働き
ヒアルロン酸は細胞と細胞との間に多く存在しており、水分の保水力保持や
クッションのような役割で細胞を守っているのです。
・肌の保湿性や粘弾性の維持
・肌のシワやたるみの予防
・肌や関節軟骨機能維持
・老眼や眼精疲労の改善
・体内の細胞を活性化し、各種栄養素の運搬機能
・卵巣の働きを助け、生理痛の緩和や更年期障害の改善にも期待
ヒアルロン酸と年齢
ヒアルロン酸は加齢とともに減っていきます。赤ちゃんの時にはぷるぷるしていた肌も、年齢を重ねるごとに体内のヒアルロン酸の量も少なくなっていきます。ヒアルロン酸は赤ちゃんのときが最も多く、20代まではそれほど影響はありませんが30代から急に減り始め、40代では赤ちゃんの頃と比べると約半分の 50%まで減少し、60代になるとヒアルロン酸の量はかなり減少し、赤ちゃんの頃と比べると4分の1(25%)まで少なくなります。 このように加齢によるヒアルロン酸の減少は、肌のみずみずしさを著しく低下させるだけではなく、肌のハリも低下させ乾燥肌やシワ、シミ形成の原因になってしまいます。肌のほかにも、体の様々な器官で水分調整ができずに老化現象が始まり、関節痛や動脈硬化といった病気を引き起こしやすくなります。
ヒアルロン酸と肌
肌における真皮は、コラーゲンと弾力線維のエラスチンおよび保水機能を持つムコ多糖類が構成しています。ヒアルロン酸はこのムコ多糖類の一種ですが、ムコ多糖類は水分を保水する力があることで、肌のぷるぷるとした弾力性やみずみずしさを保つ働きを行います。加齢などで体のヒアルロン酸が減少し保水力が低下すると、肌のハリといった弾力性が失われ、必然的に保水量も減少しますから、肌のハリもなく衰え、シワやたるみが目立ってきます。このようにヒアルロン酸は肌にとても必要な成分であるといえます。 また、ヒアルロン酸は天然の保湿成分としての働き以外に、セラミドなどの細胞間脂質と協力して肌の機能を維持する働きも見込まれています。
ヒアルロン酸とコラーゲン、エラスチン
ヒアルロン酸はコラーゲンやエラスチンとの関係が深く、お互いに影響している状況にあります。体内のコラーゲンが不足すると保水力のあるヒアルロン酸などを摂取しても、肌にとどめておくことができにくい傾向があるようです。逆にヒアルロン酸が減少すると体内のコラーゲンが変質し、エラスチンが減少することになり、肌のハリや弾力性がなくなり、肌にシワやたるみができてしまいます。 このように、ヒアルロン酸とコラーゲン、エラスチンは美肌をつくることに互いに影響している存在ですので、コラーゲンだけ、ヒアルロン酸だけ、エラスチンだけを飲むというのではなく、バランス良く一緒に摂ることが美肌づくりへの近道だと考えます。
ヒアルロン酸の効果アップ
ヒアルロン酸は、コラーゲン、エラスチンと一緒に摂取すると、より効果的に肌を整える働きをします。さらにヒアルロン酸の効果を十分に発揮させるために、ビタミンなどと一緒に摂ることも良いとされています。ビタミンCやビタミンB群と一緒に摂ることをおすすめします。特にビタミンB2は、ヒアルロン酸の持つ保水力を高める働きがあります。 ほかにも、ヒアルロン酸の保水力を高め、長時間効果的に作用を働かせる成分として、ムコ多糖類の仲間であるコンドロイチンなどと一緒に摂ることも良いでしょう。

【ヒアルロン酸と一緒に摂ると良いとされる成分】

・コラーゲン
・ビタミンC
・コンドロイチン
・エラスチン
・ビタミンB2
・N−アセチルグルコサミン


ページの先頭へ
  • 美肌成分一覧
  • コラーゲン
  • コンドロイチン
  • N-アセチルグルコサミン
  • ビタミンC
  • オリーブ葉エキス
  • エラスチン
  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビオチン
  • アセロラ
  • ザクロ
  • ローズヒップ
  • クランベリー


Copyright (C) 2008 Urara. All Rights Reserved.