美肌成分

美容成分の説明

エラスチン

エラスチンはゴムのように伸縮する
エラスチンは、コラーゲンと共に網目状にネットワークを形成し、コラーゲンの線維をつなぎ止めるようにして支えている弾力線維です。皮膚や血管などの弾性に富む組織に多く存在しているタンパク質の一種で、ゴムのように伸縮する性質があることで、肌に柔軟性を与えているといわれています。
エラスチンとコラーゲンとの働き
真皮に含まれるエラスチンはコラーゲンに絡みついて肌に弾力を与えています。エラスチンがコラーゲンの網目状部分を結び付け、コラーゲンと一緒にエラスチンも肌のハリを維持し、シワやたるみを防いでいます。エラスチンが不足するとコラーゲンを支えることができなくなり、肌の弾力がなくなり、シワやたるみの原因に繋がっていきます。 紫外線やストレスなどで蓄積される活性酸素(からだのサビ)も、エラスチンやコラーゲンなど肌組織にもかなりの悪影響を与えます。長年にわたる強い紫外線の影響や、日々私たちの生活に悪影響を及ぼしている活性酸素により、コラーゲンと密接に関係しているエラスチンとのネットワークが破壊され、肌のハリや弾力性がなくなってしまい、大きなシワができてしまうことになります。
エラスチンは年齢とともに減少します
肌におけるエラスチン含有量は20代後半をピークに減少していきます。コラーゲンと同じように40代を過ぎると急激にその量は減少していき、肌のシワやたるみといった肌トラブルの影響が出るといわれています。 若い年齢のときにはみずみずしくハリや弾力もあり、洗顔すると水が水滴となってはじかれていた状態だったと思います。しかし、40代を過ぎると肌のハリや弾力がなくなり、手で肌をつまむと元に戻らずにつままれた形のままになります。これは加齢の影響で、エラスチンが減少し、伸縮性が鈍くなって起こるからなのです。エラスチンを取ることで、真皮の伸縮活動を 活発にしていくことが、肌を若々しく保つポイントになるといえます。
エラスチンと肌のハリ
エラスチンはコラーゲンの網目状の部分をスプリングのようなコイル状に巻きついて存在しています。コラーゲンもエラスチンも弾力性の性質を持ち合わせていますが、主にコラーゲンを支える働きをして、肌のハリや弾力性を維持する効果があるといわれています。 紫外線は特にコラーゲンやエラスチンを正常ではない状態に変えていきます。肌は本来、正常な方向に向かって弾力性を維持しているのですが、紫外線にさらされることによりコラーゲンやエラスチンが変性され弾力性が失われて硬くなり、正常な方向へ引っ張っている弾力性を低下させ、シワやたるみを固定化させてしまうことになるのです。


ページの先頭へ
  • 美肌成分一覧
  • コラーゲン
  • コンドロイチン
  • N-アセチルグルコサミン
  • ビタミンC
  • オリーブ葉エキス
  • エラスチン
  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビオチン
  • アセロラ
  • ザクロ
  • ローズヒップ
  • クランベリー


Copyright (C) 2008 Urara. All Rights Reserved.