美肌成分

美容成分の説明

コンドロイチン

成長期には体内で生成されるが、加齢とともに産生されにくくなり、保水と弾力がなくなる。

コンドロイチンは「軟骨」という意味のギリシア語です。
コラーゲンとともに体細胞が正常に生存できるように、栄養分の消化、吸収、代謝を潤滑に行う働きをもち、体内の組織に保水性、弾力性を与えます。
軟骨の保水力を高めて関節を柔軟に保つ役割があるほか、肌の真皮部分のコラーゲンのすき間に埋まる形で保水をし、うるおい美肌を保ちます。
若い成長期には体内でも生成されますが、年齢を重ねると産生されにくくなり、皮膚のみずみずしさ、はりが失われてカサカサした乾燥肌やしわの原因になったりしますので、エイジングケアのために食事やサプリメントなどで外から摂取する必要があります。
日本では、腰痛や肩こり、神経痛、眼疾患、脱毛症などへの医薬品にすでに幅広く利用されております。

ヒアルロン酸の働きを長時間持続させ、美肌と関節をスムーズにする

コンドロイチンとヒアルロン酸は親密な相互関係を持っています。
コンドロイチンはヒアルロン酸よりも水分を長時間抱え込む保水力があるので、ヒアルロン酸だけ摂る場合よりも、コンドロイチンと一緒に摂るほうがより効果的となります。
肌のうるおいを保ち、関節をスムーズにするために重要な働きをします。

コンドロイチンのエイジングケア効果

1,皮膚をみずみずしく若返らせ、美肌を保つ
2.関節、靭帯などの弾力性、円滑性を保つ
3.目の角膜や水晶体に作用し、透明感や弾力性を保つ
4.カルシウムの代謝に関わり、骨の成長を助け、骨粗鬆症を予防する

などの働きがあります。

コンドロイチンが不足すると、細胞に栄養と酸素を与え廃棄物を受け取るという重要な働きがうまくできず、栄養素が充分に細胞に伝わらずに、細胞が衰えてしまいます。
細胞へ栄養が伝わらないと、どんな良い成分を体に取り入れても意味がありません。



ページの先頭へ
  • 美肌成分一覧
  • コラーゲン
  • コンドロイチン
  • N-アセチルグルコサミン
  • ビタミンC
  • オリーブ葉エキス
  • エラスチン
  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビオチン
  • アセロラ
  • ザクロ
  • ローズヒップ
  • クランベリー


Copyright (C) 2008 Urara. All Rights Reserved.