美肌成分

美容成分の説明

コラーゲン

コラーゲンは人間の肌や骨、関節などの軟骨、目の水晶体や角膜などにも含まれています

コラーゲンは美肌だけでなく人間の体を形成するのに欠かせない重要な成分で、人体にあるタンパク質の約30%を占めています。コラーゲンが不足すると様々な老化の原因となります。食事やサプリメントで上手にエイジングケアしましょう。

コラーゲンで健康的にエイジングケア

美髪
コラーゲンは、髪のパサつきをおさえ、ツヤを与え、ハリやコシを持たせます。髪は頭皮の真皮で作られます。コラーゲンを摂取すると、真皮の代謝が活性化することで、健康で美しい髪が生えてきます。その他、白髪、抜け毛、薄毛など髪の老化を予防します。
目の健康
水晶体や角膜などの目にもコラーゲンがみられます。新鮮なコラーゲンが充分にあれば、目の健康を守り、老化を防ぎます。老眼や眼精疲労の改善、老人性白内障の予防など目のエイジングケアにも役立ちます。
骨粗鬆症
コラーゲンは骨の組織にカルシウムが定着するのを助けます。骨は、カルシウムやリンなどが約70% ほど占めていますが、これらミネラルを定着させているのがコラーゲンです。例えるならば、コラーゲンが鉄筋で、ミネラルがセメントといった関係です。コラーゲンが不足すると、骨は必要なミネラルを保てなくなり、骨の老化につながる結果、骨がスカスカになり、骨粗鬆症などにかかりやすくなります。
美肌
皮膚組織では水分以外の約70% がコラーゲンです。コラーゲンは肌に「弾力を与える」「水分を抱え込んでみずみずしさを保つ」といった美肌の為に大変重要な素材です。加齢や紫外線、ストレスなどの影響から、肌の新陳代謝が落ちるとコラーゲンも代謝の速度が衰えてしまいます。結果、コラーゲンの弾力性や水分を保つ保水力が弱くなり、肌はどんどん乾燥し、シワ、たるみなど肌老化の原因となります。コラーゲンは血管と細胞の間で、酸素や栄養を補給し、老廃物を取り除く経路を作っています。そのため、コラーゲンの生成や代謝が低下すると、酸素や栄養素が細胞に行き渡らなくなり、肌はみずみずしさをなくし、肌の老化がすすみます。また、老廃物が排出されずに溜まってしまい、その老廃物が肌に負担をかけて、肌荒れやくすみなどの肌トラブルを引き起こします。
関節痛
関節は、骨と骨の間にある軟骨がクッションの役割(潤滑油的)を果たしていることで、スムーズに動きます。老化やコラーゲン不足で、軟骨が固くなりすり減ってしまうことで、ひざの痛みなど、関節の痛みの原因となります。
免疫アップ
コラーゲンは免疫機能を強め、内臓の機能を高める働きや、ガン予防、アレルギー体質の改善などの働きがあると言われています。若い時は傷がすぐ治っていたのに、最近なかなか治りにくい、という方はコラーゲンが不足がちと言われております。
丈夫な爪
コラーゲンをたっぷりと摂取すると、ほとんどの人が、2〜3ヵ月で、うすくもろかった爪が健康で丈夫になったと実感できるといわれています。これは髪と同様にコラーゲンによって血管がより健康になることで、血液の流れが活性化し、爪の生育が良くなるからです。
血管
血管は体全体に酸素や栄養を運ぶ働きを持っており、ゴムホースのように弾力性があります。コラーゲンは血管の弾力性にも影響を及ぼしており、この弾力があることで血液はスムーズに流れていきます。しかし、老化に伴いコラーゲンの弾力性が失われると、血管は固く、ガラスのように脆くなります。そうすると血液の循環が悪くなり、動脈硬化や高血圧などの病気を引き起こしやすくなります。このようにコラーゲンは血管を丈夫にし、弾力を与えます。
コラーゲンを内側から作り出す成分と一緒に摂るとより効果的
コラーゲンだけを摂るよりも、ビタミンCなどコラーゲンの合成に必要な成分と一緒に摂るほうがよりエイジングケアには効果的です。


ページの先頭へ
  • 美肌成分一覧
  • コラーゲン
  • コンドロイチン
  • N-アセチルグルコサミン
  • ビタミンC
  • オリーブ葉エキス
  • エラスチン
  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビオチン
  • アセロラ
  • ザクロ
  • ローズヒップ
  • クランベリー


Copyright (C) 2008 Urara. All Rights Reserved.