美肌成分

美容成分の説明

セラミド

セラミドとは
セラミドは肌の角質層で、細胞と細胞の中でスポンジのように水分や油分を抱えこんでいるような存在( 細胞間脂質)です。 肌や髪のうるおいに欠かせない働きをします。肌の角質層は角質細胞が何層にも重なってできており、その一つ一つを接着しているような状況です。セラミドは細胞間脂質の主成分にあたり約半分の50%を占めています。もともと体内にある成分で、肌にうるおいを与えます。
セラミドと年齢
若くて健康な肌にはセラミドがたっぷりと含まれており、肌もみずみずしくしっとりしています。しかし、加齢や気候の変化、環境の変化などによって、セラミドの量は減ってきます。そうすると肌にうるおいがなくなり、肌が乾燥した状態のカサカサ肌になってしまうのです。実際に乾燥肌や荒れ肌、老人性乾皮症などの肌では、セラミドが著しく少なくなっていることが報告されています。
セラミドと保湿と乾燥肌
天然のセラミドは優れた保湿効果を示し、ヒアルロン酸と同じように肌にうるおいの効果をもたらします。肌はもともと生体を維持するためにバリア機能を持っています。このバリア機能を助けるのがセラミドです。セラミドが肌にあることで水分をたっぷりと含んだみずみずしい肌が保たれるのです。 肌は常に変化する外部と接しているため、セラミドなどの細胞間脂質が減少すると肌のバリア機能が低下することになり、肌内部からの水分維持ができにくくなり、乾燥して水分が蒸散しうるおいのないカサカサ肌になってしまいます。
セラミドとアトピー皮膚炎
肌の老化やアトピー性皮膚炎によって起こる肌のカサつき、肌荒れなどには、セラミドが不足していることが確認されています。アトピー性皮膚炎の人や乾燥肌の人は、もともとセラミドが少ないという特徴があり、そのことで肌のバリア機能が低下してしまい、肌内部から外部へ水分が失われやすくなり、肌がカサカサと乾燥し抗原や化学物質が肌内部に入りやすくなります。抗原が肌に侵入すると、アレルギー反応が起こり、肌ではかゆみや炎症などの様々な問題が生じます。アトピー性皮膚炎の人や普段から肌が乾燥傾向にあるカサカサ肌の人は、保湿効果のあるセラミドを取り入れてみるのも良いと思われます。
セラミドとコラーゲン
セラミドを含むサプリメントや食品を継続して摂ることで、肌の水分保持機能が改善され、コラーゲンを安定化させることもできます。保湿効果などがあるセラミドやヒアルロン酸などを一緒に摂ることで、コラーゲンやエラスチンの働きである、肌にハリを持たせ弾力性のある肌を保つ働きにも効果が生まれると考えられます。最近、セラミドには肌の美白作用やメラニンの生成を抑制する作用も報告されています。
セラミドの種類
もともとセラミドの原料として使われてきたのは、牛などを主にした動物由来のものや化学的に合成されたものが主流でした。しかし、ヨーロッパを発端に発生した狂牛病が広まってからは、こんにゃく芋や小麦、米、大豆、ほうれん草などの植物から抽出する流れに変わってきています。
食べて肌美人!! さらにセラミドの効果アップ
セラミドには保湿効果があります。肌の保湿効果が高まることで、コラーゲンとエラスチンを安定させることにもつながり、一緒に摂取すると肌にも良いと思われます。また、ヒアルロン酸の保水力に関してもセラミドが上手く角質層において肌の保護バリア機能を働かせれば、肌の保水力が高まり、さらにみずみずしい肌を保つことができます。 もともとコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などは肌の線維芽細胞から生成されます。この生成力を促進するのに良いといわれているのがビタミンCです。ビタミンC には抗酸化作用があり、肌を酸化から守ったり、肌の美白効果もあります。
セラミドの働き
セラミドは肌のうるおいといった保湿機能の改善や、肌から水分が蒸発するのを防止したり、外部からの刺激や細菌の進入を防ぐ働きがあります。これは、セラミドが角質層においてバリアとして機能していることを意味しています。それによりセラミドは、ドライスキン(乾燥肌)などの肌トラブルを防ぎ、みずみずしいうるおいのある健康な肌を保ちます。また、セラミドの美肌効果としてメラニンの合成を抑えシミ、シワを防ぐといわれており、肌の健康ときれいな美肌を作るには重要な役割を果たすことが報告されています。

【セラミドの期待される効果】

・肌の保湿効果( 乾燥肌の改善)
・肌の保護バリア作用
・アトピー性皮膚炎症状の改善
・美白効果としてのシミ、シワ、肌荒れ防止



ページの先頭へ
  • 美肌成分一覧
  • コラーゲン
  • コンドロイチン
  • N-アセチルグルコサミン
  • ビタミンC
  • オリーブ葉エキス
  • エラスチン
  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビオチン
  • アセロラ
  • ザクロ
  • ローズヒップ
  • クランベリー


Copyright (C) 2008 Urara. All Rights Reserved.