美肌成分

美容成分の説明

ビオチン

ビオチンの主な働き
ビタミンHとも呼ばれ、糖質、脂質、タンパク質がエネルギーに変わるときに、それぞれの代謝をサポートします。脂肪酸やアミノ酸の代謝を促進し、皮膚や神経組織などを正常に保つ働きがあります。特にビオチンは皮膚や髪の健康と深くかかわっているビタミンで、アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎、脱毛、白髪などの改善に有効と言われています。

 

 

ビオチンが不足すると
ビオチンは微量ながらも穀類や肉など多くの食品に広く含まれ、腸内細菌によっても合成されるので、一般的に欠乏はほとんどみられません。しかし、生卵を好んで摂取したり、長期間にわたって抗生物質を服用している場合には、腸からの吸収や腸内での合成が阻害されてしまい、不足する場合があります。ビオチンが不足すると皮膚炎や湿疹、脱毛、食欲不振、神経炎などがあらわれます。

 

 

1日の摂取量の基準
目安量
成人男女 45μg
妊婦 +2μg
授乳婦 +4μg
※上限量は定められていません
※「日本人の食事摂取基準(2005年版)」による
※成人=18〜49歳

 

 

健康な皮膚や髪にも必要な「肌ビタミン」
ビオチンは糖質、脂質、たんぱく質がエネルギーに変わるのをサポートします。特に皮膚や髪の健康と関わっており、「肌ビタミン」とも言われています。脂漏性皮膚炎やアトピー性皮膚炎、白髪などの改善にも有効とされています。摂取が不足すると皮膚炎を起こすことから発見されたビタミンです。健康な髪と皮膚のために必要といわれており、ビオチンが不足すると、脱毛、白髪など髪に関する症状や、湿疹などの皮膚症状があらわれます。さらに、疲労感や憂うつ、脱力感などとも関連しています。

【ビオチンの主な働き】

・皮膚炎を予防し、肌や髪の毛を健康に保ちます。
・アトピー性皮膚炎の原因とされる、ヒスタミンの発生を抑えます。
・糖質、脂質、たんぱく質の代謝を助けます。
・脱毛、白髪などを防止します。
・脂漏性皮膚炎を予防します。



ページの先頭へ
  • 美肌成分一覧
  • コラーゲン
  • コンドロイチン
  • N-アセチルグルコサミン
  • ビタミンC
  • オリーブ葉エキス
  • エラスチン
  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビオチン
  • アセロラ
  • ザクロ
  • ローズヒップ
  • クランベリー


Copyright (C) 2008 Urara. All Rights Reserved.